[衝撃の結末!?]仮面ライダーオーズ10th復活のコアメダルの感想[ネタバレあり!!]

仮面ライダー

※このブログは仮面ライダーオーズ10th復活のコアメダルのネタバレを含みます。

ネタバレを避けたい方はブラウザバックしてください。

ハッピーバースデーホルヘです。

仮面ライダーでどのライダーが1番好き?

って聞かれたらオーズって答える人が多いと思うんですよ。

自分もオーズは、ストーリーがとても良くできていて好きなライダーです。

で、そのオーズが10年ぶりに映画で復活ということで、

仮面ライダーオーズ10th復活のコアメダルを観てきました!

観た感想は、

かなり衝撃的な結末だったのですが、描写不足が目立ち、後味の悪い映画だな

という感想ですね。

まずはじめに

自分はオーズは好きですが、1番好きなライダーという訳ではありません。

リアルタイムで視聴もしていません。

何で最初にこう言うことを説明するのかというと、

人によってこの映画に賭ける思いっていうのが違うからなんですね。

当時リアルタイムで視聴して、オーズが1番好きっていう方と

自分みたいに好きだけど思い入れがそこまでないっていうのでは感想が変わってきます。

なので、オーズは好きだけど思い入れはそこまではないオジサンの感想として書いていきます。

ストーリーの結末

ざっくりとこの映画の結末を説明していきます。

古代オーズが復活して、映司が古代オーズと戦闘。

古代オーズの圧倒的な力に敗北、さらにその場に居合わせた女の子を庇い映司は死亡。

映司は死亡したが、ゴーダというグリードが映司の体を乗っ取り、映司として活動する。

やがて復活したアンクと共にゴーダは古代オーズを倒す。

しかし、ゴーダの欲望が暴走し、映司の体を捨てて新しいオーズが誕生。

ゴーダを倒すためアンクは映司の体に入って、精神だけは生きていた?映司と共にタジャドルエタニティに変身。

ゴーダを無事倒すが、映司は生き返らずにみんなに看取られて再び死亡。

エンディングといった結末です。

仮面ライダーオーズ10th復活のコアメダル見た感想

映司ほんとに死ぬのかよ、、

映司がほんとに死んでしまってめちゃめちゃ悲しい、、、

仮面ライダーとは関係ないけど、もうねぇ、おじさんになると誰かが死んだーとか嫌なんですよ。

若い時は「死」っていう概念が自分とは関係ないように思えていたけど、

おじさんになると誰かの死に立ち会うって場面が増えてくる。

生きていた人がいなくなるのはすごく悲しいんですよ。

それは現実世界だけではなく、テレビやゲームのキャラも一緒でかなり心にきてしまう。

映司も生きていましたー!アンクも復活しましたー!ハッピーエンドで良いでしょ!

誰も死ななくてもいいじゃん!

確かに仮面ライダーって主人公が死ぬor人間とは違う存在になるというのはよくある事なんですよ。

だけど仮面ライダーは、子供が観るものっていうのが自分の中にあるみたいで、

最後は主人公補正で映司君生き返るんでしょって思ってました。

しかし、あっけなく死んでしまったので、完全に油断しましたね。

やっぱ仮面ライダーってみんなで笑ってハッピーエンドっていう番組じゃないんだと、、、

映司とアンクとひなちゃんがまた手を繋ぐのを見たかったな~、、、

アンクと映司が一緒に戦う場面が最後しかない

この映画ってオーズの戦闘シーンはたくさんあるのですが、

アンクと一緒に戦っているのは映司の体を乗っ取ったゴーダなんですよ。

しかもゴーダは

「ほらっタジャドルやろうよ!!」

みたいな事言ってくるんですよ。

違うって!こっちが見たいのは映司とアンクのタジャドルなんだよ!

最終的に映司とアンクが一緒に戦えたのは最終戦のゴーダ戦のみ。

かなり少ないですよね。

10年ぶりにオーズが復活してオーズファンの方は、

映司とアンクが一緒に戦うのを楽しみにしていたと思うんですよ。

なのに最終戦でしか二人の共闘が見られないのは残念でしたね。

まあタジャドルエタニティがめちゃくちゃかっこよかったのでそこはgood!

グリード達の見せ場が少ない

オーズの登場人物は魅力的なキャラクターばかりなのですが、

敵のグリード達もかなり魅力的なんですよ。

今回の映画はグリード達も復活ということで、

どんな活躍をしてくれるのかと楽しみにしていました。

しかし、ウバさん以外はちょっと出番があっただけで、

古代オーズに吸収されてしまい出番終了、、、

もうちょっとメズール役の矢作穂乃果ちゃん見たかったよ〜

でも、ウバさんは相変わらずヘタレの姿を見せてくれてニヤリとしました。

総評

ここまで悪いことしか書いてないのですが、

ほんとに良いところを見つけるのが難しいです。

全体的に尺が60分と短く、描写不足の所が多数。

仮面ライダーバースXも、なんのために登場したか分からないぐらい登場が短い。

PVの時が1番テンション上がった作品でした。

良い所をあげるとすれば、、う〜ん、、、

戦闘シーンがかっこいいのと

キャストさん全員が集結したところですね。笑

演技もかなり上手だったと思いますし。

これは個人の意見ですが、

10年待った好きな作品の最後となるとかなり不満の残る映画になったんじゃないかと思います。

某レビューサイトでも評価が低めみたいです。

以上、仮面ライダーオーズ10th復活のコアメダルの感想でした。

ではまた!

Amazon.co.jp | 仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル [Blu-ray] DVD・ブルーレイ - 渡部秀, 三浦涼介, 高田里穂, 君嶋麻耶, 岩永洋昭, 田﨑竜太
Amazon.co.jp | 仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル DVD・ブルーレイ - 渡部秀, 三浦涼介, 高田里穂, 君嶋麻耶, 岩永洋昭, 田﨑竜太
楽天ブックス
¥4,658 (2022/04/16 12:00時点 | 楽天市場調べ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました